calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

ようこそ♪

ブログパーツUL5

Photos

お知らせ

ぴよ工房へのお問い合わせ

金澤翔子ちゃん

0
    引き続き藤沢です、こんばんは。
    英里さんの追悼コンサートで柳田泰山先生が席上揮毫をしてくださいました。
    今日は泰山先生のお弟子さん、ダウン症の書家として活躍中の金澤翔子さんのことをお伝えしますね。

    翔子ちゃんと最初に会った時「同じだね、ふたごさんだね」と言われて以来、私は「ふたごさん」です♪名前がショウコなので。
    ダウン症というのは21番染色体が1本多い、先天性の疾患です。身体的に知的に発達が遅れていたり、合併症があったり。日常生活でも何かと苦労が多いことと思います。
    でも翔子ちゃんと一緒にいると、自分の方が「1本足りない」んじゃないかと思うんですよ。あの純粋な心、得をしようとか、うまくやろうとか思わない、まっすぐな眼差しは、私が落っことしてきてしまった一本の中にあるのかも。
    翔子ちゃんは英里さんともお付き合いがありました。翔子ちゃんのお祝いの会で英里さんが歌ったり、英里さんのライブに翔子ちゃんが来てくれたり。楽しい時間を一緒に過ごしました。
    英里さんが亡くなったあと「河井さんに会いたい」と泣きじゃくってた翔子ちゃん。「お空にいるね、わたしのお父さんもお空だよ」と目に涙をいっぱいためてるくせに、一生懸命笑おうとしてました。
    追悼コンサートの日にもお母様と一緒に来てくれて、「河井さん、歌ってるよ」ってニッコリして教えてくれました。そうだね、空の向こうでいっぱい歌ってるよね。悲しい時でも翔子ちゃんがいてくれてとてもありがたかったです。今も耳を澄まして英里さんの歌を聴いてくれてる、本当に嬉しいですよ。
    展覧会にイベントにと大活躍の翔子ちゃん。今こうして花開いているわけですが、小さい頃からお母様がどれほど気持ちと力を注いで育ててこられたことでしょうか。書道の先生として、母親として、大きな大きなお仕事をなさったのだと思います。翔子ちゃん自身の頑張りと二人三脚だったのでしょう。皆様もぜひ、翔子ちゃんの作品をご覧になってください!
    来年のNHK大河ドラマ『平清盛』の題字、そして『世界体操東京2011』番組テーマソングになっているゆずの『翔』(シングル、11/30発売)でもジャケットを揮毫しています。翔子ちゃんの「翔」ですね。
    翔子ちゃんの師匠である泰山先生はダウン症だから手加減したり、手伝ったりすることは絶対にありません。翔子ちゃんも根性があって、できるまでお稽古します。どんなに疲れても、自分から「出来ない」「休みたい」とは言わないので、オーバーワークを気を付けてあげないといけないくらいです。
    ジャケット用の「翔」という作品のことで「ゆずの眼鏡の方の人が来たよ」と泰山先生。いえ、先生、お二人とも眼鏡じゃないんですけど(笑)ちなみに作詞・作曲は北川さんです。楽しみです♪